消費者金融と闇金の大きな違いは?

お金を借りたい時、皆さんにはどのような選択肢がありますか?
知り合いや親族に借りる、というのはよくあることだと思います。
しかしそれが結構な額だった場合、やはり知り合いや親には頼みづらいですよね、
そんな時に考えることは、銀行や消費者金融などのキャッシングを利用するということです。

キャッシングならば利子こそはつきますが、好きな時に限度額内ならばいくらでも借りることができますし、これからお金が必要になるイベントがあるのに全くお金がない!といった急なシチュエーションでもすぐに利用できるというのが大きな強みですよね。

しかしこの消費者金融を闇金とごっちゃにしている人がわずかながら未だにいるようです。
一緒だとは思っていなくても消費者金融も近いことをしてるんじゃないかと疑ってる方は少なくないと思います。
ですが実際にはこのふたつはまるで違うということを未だに誤解されている方に伝えたいのです。

大きな違いは「貸金業法を守っているか」ということにあります。
要するに法律を守っているかどうかということですよね。

消費者金融は当然の事ながらこれを順守しています。
例えばこちらのサイトでちょっとチェックしてもらいたいのですが、

消費者金融の金利はだいたいが同じくらいに設定されていますよね?
このように貸金業法では年利20%以下にしなければならない決まりがあるのです。
また消費者金融は非常に厳しく審査を行います。なので誰しもがキャッシングを利用できるというわけではないのです。

しかし闇金は当然そんなことは守りません。
ブラックでも借りられる、や無職でも借りられると言った謳い文句で誘惑し、法外な金利でお金を騙しとっていきます。

なのでもしお金がなく切羽詰まっていてもさきほど貼ったようなサイトでしっかりと調べて、安心、安全なキャッシングを行ってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加