日焼けは美容の大敵 被害を少なくするためには?

日焼けは美容の大敵 被害を少なくするには

美容上で最も大敵なのは紫外線ではないでしょうか。老化の主な原因は光老化とも言えるでしょう。そこで気にする必要があるのは日焼けです。ここでは日焼けの予防法について解説します。

・日焼け止めをしっかりと塗るべきところ
 顔の中では額や頬、鼻の頭の3つが特に出っ張っていますね。どんなに額が狭い人でも、どんなに頬が平らに見える人でも、そして鼻が低くて悩んでいる人でも同じです。
 この3つの出っ張りは特に日焼けしやすい場所でもあります。日焼けを気にするならこの3つの場所に特に気を配りたいですね。
日焼け止めクリームを2重塗りするとか、ファンデーションを厚めに塗るなどして、念入りにケアしておきたいポイントです。そして汗をかいたら面倒でも、何度でも塗り直しましょう。
 こまめに塗り直していく事が顔の日焼けを少しでも防いでいくのに役立つのです。

・唇や頭皮の事も忘れない
 日焼け対策をしているつもりでも、みんなが盲点になりがちなのが唇や頭皮、髪の毛などの部分です。唇の皮膚は顔の他の部分に比べたら、かなり薄くなっているので日焼けしたら、瞬く間に水分が無くなりガサガサになってしまいます。
頭皮も日に焼ければ皮が向けてフケのように、パラパラ落ちてきます。
 髪の毛も長時間日に当たっていると、パサパサに乾燥してしまいます。
ですからケアを怠るわけにはいきません。頭皮や髪の毛は帽子をかぶる事により、だいぶ日ざしをカットする事ができます。唇にはUV効果が期待できる、リップクリームを塗ると良いでしょう

・顔が熱い時の対処法
 日焼けをし過ぎて顔が熱くなりヒリヒリする事があります。このような状態はもはや火傷のようなものです。化粧品をあれこれ使いケアしようとすると逆に悪化させる事があります。
 できる事はとにかく水で冷やす事です。とはいえ、手や足の場合なら冷水にじっとつけておけば、炎症は治まりますが顔となるとそうはいきません。
そんな時には、氷を入れた冷水の中に浸して十分冷えたガーゼか、もしくは氷をガーゼに直接くるんで肌に当てクールダウンすると効果的です。ガーゼがぬるくなる頃にこまめに交換しましょう。肌が落ちつくまで続けましょう。

・日焼けの色ムラを消すには
 日焼けの色ムラができた時には、ホワイトニング化粧品を使ったり、肌を新しく生まれ変わらせるローションなどで焼く前の白い肌に戻す事ができます。

美容の一番の敵は太陽の光線です。日焼けは人を健康的に見せるけれども、美容的には避けたいところです。日焼けしてしまった時にはいろいろな対処法あるので、頭に入れておきましょう。

肌の手入れは大切ですが、時間もかかるときなどもあるでしょう。
「エマルジョンリムーバー」を使えば、簡単に汚れを落とすことができますので
ぜひエマルジョンリムーバー
を使って見て下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です